[VirtualWeb] Windows Firewallの設定方法

ここでは、既定で有効となっているWindows Firewallにポリシーを追加する手順をご案内いたします。
Windows Firewallはお客様のVPSを守る重要な機能ですので、
設定を行う前にこちらもあわせてご参照いただくようお願いいたします。

 

Windowsアイコン(スタートメニュー)を左クリックで開き、
[Windows管理ツール]-セキュリティが強化されたWindowsファイアウォールをクリックします。

 

左ツリーの[受信の規則]を右クリックし、[新しい規則]を選択します。

 

規則の種類を、[プログラム][ポート][事前定義][カスタム]から選択し、[次へ]をクリックします。
※ここでは[ポート]を選択しております。

 

TCP/UDPの区分を選び、開放したいポート番号を入力して[次へ]をクリックします。

※ご注意※
10000番以下のポートは、セキュリティ上の理由から一部のウェルノウンポートを除き
弊社ハードウェアファイアウォールで遮断をしています。

 

条件に一致した場合のアクションを選び、[次へ]をクリックします。

 

すべてチェックがついている状態で、[次へ]をクリックします。

 

作成したポリシーに名前をつけて、[完了]をクリックします。

 

中央のペインに、作成したポリシーが表示されていれば追加完了です。

関連記事

[VirtualWeb] VPN接続について

VPN接続に関して本サービスでは現在別途VPNオプションはご提供をいたしておりません。OS上で実行するソフトウェアタイプのものであれば利用は可能ですが、弊社では特定ソフトの推奨は行っておりません...

[VirtualWeb] Hyper-Vのインストールが出来ない

現在VirtualWebでご提供しておりますサーバは仮想専用サーバ(VPS)となります。元よりHyper-Vを用いた仮想化済みのサーバのため、これをホストOSとしてさらに仮想化をすることはできま...

[VirtualWeb] VPSのウィルス対策について

WindowsServer2019には、Windowsセキュリティ(WindowsDefender)が標準搭載されています。お客様のお好みで、他のウィルス対策ソフトウェアをインストールする事も可...

[VirtualWeb] Webアプリケーションのインストール方法

ここではMicrosoft Web Platform Installer 2.0からWebアプリケーションをインストールする手順をご案内します。Microsoft Web Platform...

[VirtualWeb] Hyper-Vスナップショットについて

本エントリは、Hyper-Vスナップショットオプションをご利用のお客様へのご案内です。...