[VirtualWeb] ウィルス対策について

WindowsServer2019には、Windowsセキュリティ(WindowsDefender)が標準搭載されています。

 




ご利用開始直後のVPSは、Windows Server 2008 R2のOSがインストールされたままの状態となります。IISのセットアップやお好みのミドルウェアのインストールはもちろんですが、ウィルス対策ソフトウェアについてもお客様ご自身でインストールをしていただく必要がございます。

Windows Server 2008 対応のウィルス対策ソフトウェアには様々なものがございますが、
中には無償で利用可能なものもございますため以下にご案内をいたします。

Clamwin Free Anti Virus for Windows

※上記はあくまでご案内であり、利用を推奨するものではございません。詳しいインストール手順や設定手順は提供元のマニュアルやサポートにてご確認いただくようお願いいたします。

関連記事

[VirtualWeb] VPN接続について

VPN接続に関して本サービスでは現在別途VPNオプションはご提供をいたしておりません。OS上で実行するソフトウェアタイプのものであれば利用は可能ですが、弊社では特定ソフトの推奨は行っておりません...

[VirtualWeb] Hyper-Vのインストールが出来ない

現在VirtualWebでご提供しておりますサーバは仮想専用サーバ(VPS)となります。元よりHyper-Vを用いた仮想化済みのサーバのため、これをホストOSとしてさらに仮想化をすることはできま...

[VirtualWeb] Hyper-Vスナップショットについて

本エントリは、Hyper-Vスナップショットオプションをご利用のお客様へのご案内です。...

[VirtualWeb] リモートデスクトップの同時セッション数について

「管理用リモートデスクトップ接続」につきましては1VPS契約ごとに同時2セッションまでが既定でサポートされております。なお、この同時接続数につきましては本サービスでは有償無償を問わず追加を行うこ...

[VirtualWeb] VPSにインストールしたSQLServerに外部から接続する方法

本サービスにおきましては、セキュリティ上の理由からファイアーウォールによりウェルノウンポートのうち最低限必要なもののみを開放いたしております。その為、SQL...