[VirtualWeb] Windows Firewallについて

VPS上では、既定でWindow Firewallが起動しています。

Windows Firewallは様々な脅威からお客様のVPSを防御するためのものです。
安易に設定を変更することで、大切なデータを危険にさらしてしまう恐れやWEBページの表示不具合、リモートデスクトップ接続不可といった問題が発生する可能性があります。その為、Windows Firewallは停止せず、また特別な理由がない限りは変更を行わないようにご留意ください。

なお、Windows Firewallにつきましては、以下のページが参考となります。

Windows 7(およびWindows Server 2008 R2)のファイアウォール機能:
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win7/09network2/09network2_01.html

※Windows Firewallの設定変更に起因したいかなる問題も弊社では責を追いかねますこと、
予めご了承くださいませ。

関連記事

[VirtualWeb] VPN接続について

VPN接続に関して本サービスでは現在別途VPNオプションはご提供をいたしておりません。OS上で実行するソフトウェアタイプのものであれば利用は可能ですが、弊社では特定ソフトの推奨は行っておりません...

[VirtualWeb] Hyper-Vのインストールが出来ない

現在VirtualWebでご提供しておりますサーバは仮想専用サーバ(VPS)となります。元よりHyper-Vを用いた仮想化済みのサーバのため、これをホストOSとしてさらに仮想化をすることはできま...

[VirtualWeb] Hyper-Vスナップショットについて

本エントリは、Hyper-Vスナップショットオプションをご利用のお客様へのご案内です。...

[VirtualWeb] リモートデスクトップの同時セッション数について

「管理用リモートデスクトップ接続」につきましては1VPS契約ごとに同時2セッションまでが既定でサポートされております。なお、この同時接続数につきましては本サービスでは有償無償を問わず追加を行うこ...

[VirtualWeb] VPSにインストールしたSQLServerに外部から接続する方法

本サービスにおきましては、セキュリティ上の理由からファイアーウォールによりウェルノウンポートのうち最低限必要なもののみを開放いたしております。その為、SQL...