[DataWeb] URLのリライトについて

DataWebではIISのURL Rewriteモジュールがインストール済みです。

URL Rewriteモジュールを用いることでURLのリライト等を行っていただけます。
Rewrite RuleをWebルート(httpdocs)内のweb.configファイルに直接記述することで制御が可能です。
以下に、サンプルコードを紹介します。


 [http://dataweb.ne.jp] を [http://www.dataweb.ne.jp] へリダイレクトする場合

<system.webServer>
      <rewrite>
          <rules>
              <rule name="Canonical HostName" stopProcessing="true">
                  <match url="(.*)" />
                  <conditions>
                      <add input="{HTTP_HOST}" pattern="^dataweb\.ne.jp$" />
                  </conditions>
                  <action type="Redirect" url="http://www.dataweb.ne.jp/{R:1}" redirectType="Permanent" />
              </rule>
          </rules>
      </rewrite>
</system.webServer>

※DataWebでは、wwwあり wwwなしのどちらもアクセス可能になっております。
 なお、wwwあり、wwwなしへのリダイレクトについては、コントロールパネルから301リダイレクトを
 設定する事も可能です。
 
[http://~] を [https://~] へリダイレクトする場合
 
<system.webServer>
  <rewrite>
    <rules>
      <clear />
      <rule name="http to https" stopProcessing="true">
        <match url="(.*)" />
        <conditions>
          <add input="{HTTPS}" pattern="^OFF$" />
        </conditions>
        <action type="Redirect" url="https://{HTTP_HOST}/{R:1}" redirectType="SeeOther" />
      </rule>
    </rules>
  </rewrite>
</system.webServer>
 
※web.configファイルには、サイト作成時にWebルートに作成されており、初めから<system.webServer>セクシ
 ョンの記述があります。上述の内容をコピーする場合は、<system.webServer>~</system.webServer>の間に
 <rewrite>セクションを挿入します。
 

URL Rewriteモジュールでは上記以外にも様々な制御が可能です。
より詳細な情報に関しましては、お客様にて関連書籍やWEBサイト等でご確認ください。

 

Related Articles

[DataWeb] ホットリンク保護設定方法

DataWebでは、コントロールパネル上でホットリンク保護を行う事ができます。...

[DataWeb] デフォルトドキュメントの設定方法

デフォルトドキュメントとは、「http://www.ドメイン名/」のような形でファイル名を省略してもアクセスができるページです。...

[DataWeb] Webサイトのwwwあり、wwwなしへリダイレクト設定

DataWebでは、コントロールパネルの操作で、wwwあり、なしの301リダイレクトを設定できます。以下に手順を記します。 1. コントロールパネルの[ホスティング設定]をクリックします。...

[DataWeb] ASP.NETのバージョン設定方法

ASP.NETの設定方法のご案内です。1.コントロールパネルにログインします。2.トップページより[ASP.NET設定]をクリックします。3.ASP.NETの各種設定が行えます。...

[DataWeb] SSLサーバ証明書の設置方法

弊社からSSLサーバ証明書を購入いただくお客様は、証明書の取得、設置をDataWebサポートが代行いたしますので、本記事の内容は重要ではありません。※無料の独自SSLサーバ証明書(Let’s...