[VirtualWeb] VPSのウィルス対策について

WindowsServer2019には、Windowsセキュリティ(WindowsDefender)が標準搭載されています。

お客様のお好みで、他のウィルス対策ソフトウェアをインストールする事も可能です。

別のウィルス対策ソフトウェアをインストールされた際には、
WindowsDefenderの機能は停止されるかもしれません。
WindowsDefenderと併用稼働する場合もあります。

ウィルス対策ソフトウェアが併用稼働している場合は、
サーバーのパフォーマンスが著しく低下する可能性がありますので、ご注意ください。

関連記事

[VirtualWeb] VPN接続について

VPN接続に関して本サービスでは現在別途VPNオプションはご提供をいたしておりません。OS上で実行するソフトウェアタイプのものであれば利用は可能ですが、弊社では特定ソフトの推奨は行っておりません...

[VirtualWeb] Hyper-Vのインストールが出来ない

現在VirtualWebでご提供しておりますサーバは仮想専用サーバ(VPS)となります。元よりHyper-Vを用いた仮想化済みのサーバのため、これをホストOSとしてさらに仮想化をすることはできま...

[VirtualWeb] リモートデスクトップの同時セッション数について

「管理用リモートデスクトップ接続」につきましては1VPS契約ごとに同時2セッションまでが既定でサポートされております。なお、この同時接続数につきましては本サービスでは有償無償を問わず追加を行うこ...

[VirtualWeb] VPSにインストールしたSQLServerに外部から接続する方法

本サービスにおきましては、セキュリティ上の理由からファイアーウォールによりウェルノウンポートのうち最低限必要なもののみを開放いたしております。その為、SQL...

[VirtualWeb] IISのインストール方法

ここではVPSにWebサーバー(IIS)をインストールする手順をご案内します。...